年齢を味方につけるべし!

~年齢と転職の関係性に迫る!~

転職年齢の限界はあるのか

 転職の年齢については、「年齢が高くなるにしたがって不利になる」ということや、「35歳までが転職年齢の限界」といったことがよく言われています。年齢が高いことや、35歳を過ぎた年齢が不利になる理由としては、若い人より新しいことを覚えるのが遅くなることや、経験があるために自分のやり方に固執しがちになること、そして給料が高いことや、上司より年上になってしまうことなどが挙げられます。ですので、転職は35歳までという考え方には、それなりの根拠があると言えますが、現在では少し状況が変わってきているとも言われています。

 現在は、昔と違って終身雇用の体制が崩れてきているため、転職で会社を移る人も多くなっていますし、20代の若い労働人口が減っているため、経験やスキルのある30代や40代の中途採用を積極的に行う企業も増えていると言われています。それでも、企業によっては、中途採用を行う年齢を35歳や40歳までと決めているところもあるようですが、そうでない企業も多く存在するため、年齢だけであきらめる必要はないと言えるでしょう。多くの企業にとっては、年齢よりも「企業にとって有益な人材かどうか」ということが重要であるため、豊富な経験やスキルを活かせるような人であれば、年齢にとらわれる必要はないと言えます。ですので、「自分は即戦力になる」という、若い人との違いをアピールできれば、採用面接に関しても有利に運ぶことができると言えるでしょう。