年齢を味方につけるべし!

~年齢と転職の関係性に迫る!~

年齢は転職に関係するのか

 転職をする際において、どうしても気になってしまうのが年齢についてです。それでは転職市場において、年齢はどのように評価されるのでしょうか。結論からして、ほとんど関係ありません。確かに年齢を考慮する企業も少なからずあるので全く関係ないと断言することは出来ません。しかし、多くの企業において採用の大きなポイントとなるのは、今までどのような経験をしてきてそれをどのように仕事に活かすことが出来るのか、ということです。つまり早い話が実力の有無です。実力が伴っているのであれば転職の段階で何歳であろうか問題にはなりません。

 よく転職市場においては「35歳転職限界説」というものが聞かれます。しかし、転職成功者の3割近くは35歳以上の方です。3~4人に1人は35歳以上の方であるため、この数字からも年齢がさほど関係ないことが伺えます。しかし、年齢は関係ないにせよ、1点注意しておきたいことがあります。それは勤続年数です。よく3年以上は勤めた方が良いとは言われますが、勤続年数を気にする企業が多いことは確かです。企業としては短期間に何度も転職を繰り返すような、いわゆるジョブホッパーと呼ばれる人に対しては、何か問題を抱えているのではないかと身構えてしまうことがよくあります。もし勤続年数が短かったり、転職を何度も繰り返しているのであれば、なぜそのような行動をとったのかという明確な理由をしっかりと説明することが大切です。